最高のカード診断ソリューション
  • 高速発送と
    配信
  • 最高品質
    標準と安全性
  • 100%満足
    保証された
  • 最高の価値
    あなたのお金
  • 素晴らしい顧客
    サービス

フォルクスワーゲン–創造と発展の歴史

フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史1
1

フォルクスワーゲン–創造と発展の歴史

フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史2

Volkswagen Actiengesellshaft –ヴォルフスブルクにあるフォルクスワーゲン本社の親会社です。

現在、株式の51%はポルシェSEが所有しています。 マーティン・ウィンターコーンは一度に2009社の社長を務めていますが、合併に関する交渉はXNUMX年から継続中です。

フォルクスワーゲンはヨーロッパの自動車市場の25%を所有しており、間違いなく会社をリードしています。 懸念事項には、自動車の生産に関連する約342社が含まれます。

フォルクスワーゲンは、1998年にベントレーを買収しました。しかし、2002年以来、ベントレーの販売により、ロールスロイス車の生産は中断されています。 BMW。 2003年初頭、 BMW 専用車の生産を回復します。

環境に優しい車を作成、開発、生産するために、当社は日本の自動車会社鈴木と合併しました。 この同盟はXNUMX年も続きませんでした。 両社には技術的な意見の相違があり、協会は解散しました。

アウディはダイムラーからの買い戻し後、1964年以来フォルクスワーゲンに所有されています。Benz.

1998年、ランボルギーニとブガッティの買収。 2009年と2011年に、同社はScaniaとManを買収しました。 これらの企業は、トラクター、トラック、ディーゼルエンジンの生産に従事していました。

ポルシェは、多くの議論と交渉の末、2012年に購入されました。 取引額は約4.5億ユーロです。

また、2012年、フォルクスワーゲンの幹部は、イタリアの高級オートバイ会社であるドゥカティモーターを買収しました。

財務を管理するために、同社はフォルクスワーゲンフィナンツの別の部門を設立しました。 このユニットは、銀行および財務構造のステータスと、収益性の高いプロジェクトの資金調達へのアクセスを受け取りました。

48の自動車企業がヨーロッパとアメリカの21か国にあります。 合計で、約380万人が企業で働いています。 毎日26,000台の車がコンベアを離れます。 2007年、フォルクスワーゲンはロシアに工場を立ち上げました。 それはカルーガの街のエリアに位置しています。 当初、アウディの後、SKODAとフォルクスワーゲンの自動車は組み立てラインから外れました。 専門家はプロジェクトのコストを1億ユーロと見積もっていますが、実際には、工場の建設とコンベヤーの立ち上げには1.80億ユーロがかかりました。

2012年、フォルクスワーゲンはGAZ工場で自動車の生産を開始しました。 この工場で完全にSKODA Yetiの生産が確立されています。 現在、同社の他のモデルを製造する予定です。

関連ポスト

  • フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史3

    BMW ロゴ–ブランドとロゴの作成の歴史、 BMW 博物館

    BMW ロゴ–意味と創造 BMW ロゴその意味とブランドの歴史 BMW 最初はこのドイツの会社が…

  • フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史4

    Mercedes 124販売–の作成、製造、販売の歴史 Mercedes 124こま

    Mercedes 124の販売–の機能と技術仕様 mercedes 124クーペの作成と販売の歴史 Mercedes 124クーペレア…

  • フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史5

    ランボルギーニ商標の作成の歴史

    すべてのランボルギーニモデル正式にはランボルギーニの物語は1963年に始まります。ランボルギーニフェルッチオランボルギーニの創設者。 ランボルギーニの話だから…

  • フォルクスワーゲン-創造と開発の歴史6

    オペルカデットのDIYチュ​​ーニング–外部、内部、技術的なチューニング、オペルカデットハッチバックとオペルカデットディーゼルの作成の歴史

    オペルカデットのチューニング–専門家からのチューニングのヒントオペルカデット車のDIYチュ​​ーニング最初の車のオペルカデットハッチバックとセダンは…

DID-GLOBAL 1

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

©著作権2018 Carscanners. All rights reserved.
エラー

このブログをお楽しみください? 言葉を広めてください:)