最高のカード診断ソリューション
  • 高速発送と
    配信
  • 最高品質
    標準と安全性
  • 100%満足
    保証された
  • 最高の価値
    あなたのお金
  • 素晴らしい顧客
    サービス

ヒュンダイテラカン– EST​​システム

ヒュンダイテラカン-ESTシステム1
1

キーワードなし

説明
EST(Electronic Shift Transfer)システムは、「パートタイム4WD」システムに分類されます。 この全輪駆動システムでは、次のXNUMXつのトランスミッションモードのいずれかを使用して車を運転できます。
1.後輪のみを駆動します(全輪駆動制御スイッチの位置:「2H」)。
2.前輪と後輪に移動します(全輪駆動制御スイッチの位置:「4H」)。
3.駆動は、減速機を含めて前輪と後輪で行われます(全輪駆動制御スイッチの位置:「4L」)。
四輪駆動制御スイッチの位置を変更すると、対応する信号がESTシステムの電子制御ユニットで受信され、その後、制御システムは指定されたモードに切り替わります。

ヒュンダイテラカン-ESTシステム2

AWD制御回路

注:図では、略語は次のことを示しています。TCCM–ESTシステムの電子制御ユニット。 EMC –電磁クラッチ; N –ニュートラルギアボックス/スパン。

ESTシステムには、電磁クラッチとトランスファーケース本体に取り付けられたトランスファーケースモーターが含まれます。 電磁クラッチを使用すると、トルクを前輪と後輪、または後輪のみに伝達でき、トランスファーケースモーターが減速機を接続します。

ESTシステムを搭載したすべてのモデルには、フロントアクスル接続システム(CADS)があります。 フロントアクスル接続システムを採用することで、後輪のみ(全輪駆動制御スイッチ位置:「2H」)での走行時の走行時の騒音、振動、燃費を低減することができました。ドライブシャフトは回転しません。 CADSを使用すると、最大80 km / hの速度でフロントアクスルを接続または切断できます。

フロントアクスル接続システム
ESTシステムには、フロントアクスル接続システム– CADS(センターアクスルディスコネクトシステム)が含まれています。 このシステムは、必要に応じてフロントアクスルを切断または接続するように設計されています。

車でのCADSの使用により、ヒュンダイギャロパーおよびキアスポーテージの車に取り付けられた自動ホイールカップリングの使用を放棄できます。
–ヒュンダイギャロッパーに取り付けられた自動ホイールカップリングにより、前輪を時速40 kmまでの速度で接続でき、前輪をオフにするには、後部の家で1〜2メートル走行する必要がありました。これは、それらの使用に一定の不便をもたらします。
– Kia Sportageに搭載されたバキュームドライブ付きの自動ホイールカップリングにより、最大80 km / hの速度で前輪を接続することができましたが、これらのカップリングの耐用年数は、その設計上の特徴により長くはありませんでした。

ヒュンダイテラカン-ESTシステム3

フロントアクスル接続システムの要素。 1 –フロントアクスルギアボックス、2 –フロントアクスル接続システムブロック、3 –バキュームドライブ、4 –ギア延長コード、5 –バキュームタンク、6 –電磁弁。

ヒュンダイテラカン-ESTシステム4

フロントアクスル接続機構

ヒュンダイテラカン-ESTシステム5

フロントアクスル接続システム図
CADSを使用すると、最大時速80 kmでフロントアクスルを接続または切断できます。 同様のシステムには、三菱パジェロ、三菱チャレンジャー、いすuzuビッグホーンの車があります。

全輪駆動制御スイッチの位置を変更すると、ESTシステムの電子制御ユニットは、対応する信号を前車軸接続システムの電磁弁に送信し、前車軸接続にあるクラッチの真空駆動を制御しますシステムブロック。 カップリングは、内部駆動シャフトとフロントアクスルギアボックスの出力シャフトを接続または切断します。
全輪駆動制御スイッチを「2H」に設定すると、ESTシステムはエンジンから車の後輪にのみトルクを伝達し、フロントアクスル接続システムのおかげで、内部ドライブシャフトはフロントアクスルギアボックスの出力シャフト。フロントユニバーサルジョイントはシャフトが回転しないため、運転中のノイズ、振動、燃料消費量が削減されます。

ESTシステムモード

通常の状態では、後輪駆動のみを使用することをお勧めします。 ESTシステムの動作モードの変更は、センターコンソールにある四輪駆動制御スイッチを使用して行います。

ヒュンダイテラカン-ESTシステム6

四輪駆動制御スイッチには、「3H」、「2H」、「4L」の4つの位置があります。
位置「2H」
駆動は後輪でのみ行われます。 通常の運転条件(良好な道路)での使用を推奨します。

位置「4H」
1.前輪と後輪に移動します。 濡れた道路を運転し、氷や雪で覆われている場合に使用することをお勧めします。 この位置は、より安定した乗り心地を提供します。
2.このモードが選択されると、四輪駆動インジケータが点灯します。

位置「4L」
1.駆動は減速機付きの前後輪で行われます。 このモードは、最大のパワーとトラクションを得るために使用されます。急な坂を登るとき、急な坂を下るとき、および泥で覆われた貧しい道路を走行するときなどです。
2.このモードが選択されると、ダウンシフトインジケーターが点灯します。
注意:通常の状態で運転する場合、四輪駆動を使用することはお勧めしません。 全輪駆動を使用すると、燃料消費量とゴムの摩耗が増加します。

スイッチング技術
2Н4Нまたは4Н2Н

切り替えは、クラッチペダルを踏んだり(マニュアルトランスミッションを搭載したモデル)、セレクターを「N」の位置にシフトしたりせずに(オートマチックトランスミッションを搭載したモデル)、80 km / h以下の速度で実行されます。

ヒュンダイテラカン-ESTシステム7

切り替えは、クラッチペダルを踏んだ静止車(マニュアルトランスミッション搭載車)またはセレクターが「N」位置になった後(オートマチックトランスミッション搭載車)で行います。

ロディオノフアレクサンダー、ゴンチャレンコミハイル、モスクワ

関連ポスト

  • ヒュンダイテラカン-ESTシステム8

    ヒュンダイテラカン– TODシステム(ATT)

    キーワードなしATT(アクティブトルクトランスファー)またはTOD(トルクオンデマンド)システムは、フルタイム4 WDシステムとして分類されます。 これは四輪駆動…

  • ヒュンダイテラカン-ESTシステム9

    Honda DPSシステム(四輪駆動システム)

    キーワードなしこの記事では、ホンダエレメントの車の例を考慮したDPSシステムに焦点を当てます。 一般的に、すべてのホンダ車で、システムは…

  • ヒュンダイテラカン-ESTシステム10

    ヒュンダイEPSシステム

    キーワードなしHYUNDAINF 2006 EPSシステム(電力…)のトヨタシミュレーターで実習する必要がなかったのは残念です。

  • ヒュンダイテラカン-ESTシステム11

    ヒュンダイベロスター

    ヒュンダイベロスターカーヒュンダイベロスターは、スポーツクーペとハッチバックの品質を兼ね備えた世界で唯一の車です。 最初に、指定された…

DID-GLOBAL 1

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

©著作権2018 Carscanners. All rights reserved.
エラー

このブログをお楽しみください? 言葉を広めてください:)