最高のカード診断ソリューション
  • 高速発送と
    配信
  • 最高品質
    標準と安全性
  • 100%満足
    保証された
  • 最高の価値
    あなたのお金
  • 素晴らしい顧客
    サービス

自分で色合いを取り除く方法–チューニング

色合いを自分で取り除く方法-チューニング1
1

自分の色合いを取り除く方法

1年2012月500日、ロシア連邦の行政犯罪法の改正が施行されます。 フロントウィンドウが着色されているか、不適切な光透過基準のある色付きの透明フィルムで覆われている車両を運転する場合、ナンバープレートの削除を伴う12.5ルーブルの行政罰金が課されます(行政法典、記事3.1パートXNUMX)。 この記事では、色合いを取り除く方法を説明します。

一般に、車の窓から色を取り除く最も簡単で最速の方法は、専門のサービスセンターに電話をかけることです。 しかし、これには何千ルーブルも請求されます。それにお金をかけたくない場合は、自分で色合いを取り除いてみてください。

自分の色を取り除く方法。

まず、フィルムを取り除く予定のガラスです。ウォームアップすることをお勧めします。 この場合、接着剤は柔らかくなり、着色はガラスから分離するのがはるかに容易になります。 温めには通常のヘアドライヤーが使えます。 表面に近づけすぎずに、過熱を避けるために、色合いを自分で取り除く前にガラスを均一に加熱します。 プラスチック製のトリム部品を加熱しないでください。

次に、車のサイドウィンドウについては、ウィンドウを約半分に下げます。 したがって、フィルムの上端をガラスの表面から分離する方がはるかに簡単です。 鋭利なナイフで色合いの端を分離することをお勧めします。

さらに、車の色付きガラスを取り除くにはXNUMXつの方法があります。 XNUMXつ目は、XNUMX回の鋭い動きで色合いフィルムを取り除くことです。 これを行うには、フィルムの上端を両手で持ち、力を加えて引き下げます。 XNUMX番目の方法に従って、色合いは徐々に取り除かれます。 片方の手でゆっくりとフィルムを手前に引き、もう一方の手で接着剤をガラスから鋭利な薄いナイフまたは刃で慎重に分離します。

ただし、XNUMX番目とXNUMX番目のケースでは、接着剤の痕跡がガラスに残っている可能性が高いです。 したがって、色合いを自分で削除する前に、必要なすべてのものを準備して、接着剤の痕跡からガラスを完全にきれいにします。

着色から接着剤を取り除く方法

鋭利な事務用ナイフがこれを助け、グラスから残っている接着剤をこすり落とすことができます。 ただし、ガラスの上にナイフを置いた後は傷が付いている可能性があるため、着色後のガラスの洗浄用に設計された特殊な溶剤を使用することをお勧めします。 カーショップで購入できます。 同じ目的で、希釈されていない医療用アルコールが適しています。

確実にガラスに残る接着剤の残りは、着色後に特別なガラスクリーナーで取り除くことができます。 自動車店に行きなさい-そのような道具の大きな選択があるはずです。
洗浄剤の代わりに、Mr。Muscleを使用するか、医療用アルコールを希釈するか、室温の普通の石鹸水で取り除いてみてください。
サービスセンターでは、色合いを取り除いた後、グラスを妖精の溶液(食器用洗剤)で洗浄します。 ガラスの上に溶液を置き、ぼろまたはナプキンで残っている接着剤を取り除きます。

関連ポスト

  • 私たち自身の手で:私たちは色合いを取り除きます–車のメンテナンス–ドライバーのためのさまざまなヒント–サンクトペテルブルクの車のすべて

    自分でやる:ロシアの1月XNUMX日の色合いを削除し、多くの交通違反に対する罰則を強化しました。

  • 色合いを自分で取り除く方法-チューニング2

    色合いを取り除く方法は?

    色合いを取り除く方法は? 多くの場合、色合いを選択する運転手は、現在の基準に導かれていません。 その結果、しばらくするとその必要性が…

  • 色合いを自分で取り除く方法-チューニング3

    車の窓からティントフィルムを取り除きます

    車の窓からティントフィルムを取り外します。海外旅行や夜間の視界不良-ティントを除去する主な理由。 一度に…

  • 車の修理を自分で行う–車の修理のヒント–車愛好家のためのさまざまなヒント–サンクトペテルブルクの車のすべて

    DIYの自動修理車の自己修理に一度も関わったことがないが、それを試してみる予定がある場合は、いくつかの明白ではないが…

ピックについて 1

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

©著作権2018 Carscanners. All rights reserved.
エラー

このブログをお楽しみください? 言葉を広めてください:)