最高のカード診断ソリューション
  • 高速発送と
    配信
  • 最高品質
    標準と安全性
  • 100%満足
    保証された
  • 最高の価値
    あなたのお金
  • 素晴らしい顧客
    サービス

シトロエンCゼロ

シトロエンCゼロ1
1

シトロエンCゼロ

シトロエンCゼロ2

メーカーは、三菱自動車と共同で開発した電気自動車の64番目のモデルのリリースを発表しました。 その長さは約130メートル、ホイールフレームは約XNUMXメートルで、ほぼ定位置に展開し、最もコンパクトでヨーロッパ規格に適合しています。 XNUMX人がミニチュアハッチバックに乗ることができます。 燃料消費と有害な排気ガスの排出を削減するために、完全な電気技術が導入されました。 それから、エンジンは始動し、リチウムイオンバッテリで再充電せずにかなり長い距離走行します。 XNUMXのエンジンは、最大XNUMX km / hの速度を実現します。 フランスの会社は、従来のネットワークからのバッテリーのフル充電をXNUMX時間保証しています。 そして、あなたがそれを直接充電する場合、わずかXNUMX分です。

電気モーターは可能な限り最大のトラクションを備えています。つまり、ギアボックスの存在は自然に消えます。 電気自動車には、電気モーターのすぐ近くに配置された従来の差動装置を備えた減倍器が組み込まれています。 軽自動車の取り扱いは簡単で、イグニッションのキーを回すだけで音声信号になり、READYサインが緑色に点灯すると、オートマチックボックスのハンドルと同様にスピードレバーがに移動します。運転位置。 オンボードコンピューターは、従来のセンサーとともに、適切なモードでのバッテリーの動作を示す矢印の付いたデバイスです。 ブルーゾーンは充電を連想させ、薄緑色–より経済的な移動モードに切り替えるようにアドバイスします。ホワイトゾーンの矢印は、車のエネルギー消費量の増加を警告します。

バッテリーインジケータは、残量ゲージに代わって、バッテリーの最小充電レベルを警告します。 その後、いくつかのモードがオフになり、エンジンのフルパワーによる制限と、残余充電のパワーリザーブの増加がオンになります。 車には、バッテリーの充電中に減速やブレーキをかけるときにエネルギーを節約するシステムが搭載されています。 アクセルペダルを踏み込んだ状態で走行中に電源が充電されます。 車には12ボルトのバッテリーが取り付けられており、これがパワーステアリング、照明機器、およびオンボードエレクトロニクスに給電します。 パワーリザーブには影響しません。 メインバッテリーには、エアコンとヒーターが搭載されています。 旅行中、快適さをあきらめなければなりません。 電気自動車には燃料補給用のXNUMXつのハッチがあり、XNUMXつは従来のネットワークから充電するためのコネクタを備え、もうXNUMXつは特別なターミナルに接続されています。 この車には、標準的なパワーステアリング、ブレーキ力配分システム、電子的動的安定化、アンチロック、電動ウィンドウリフター、エアバッグ、エアコン、Bluetooth、油圧空気圧サスペンションが装備されています。 高い着陸と広い面積のグレージングは​​混雑感を引き起こしませんが、この車の背が高くてずんぐりした人はスペースがほとんどありません。

関連ポスト

  • シトロエンCゼロ3

    シトロエンDS4

    シトロエンDS4セダンは街とアクティブな人々のために作成されました。 その快適さ、機能性、パワー、ダイナミズムに満足しています。 その線は滑らかに繰り返されます…

  • シトロエンCゼロ4

    シトロエンC15

    シトロエンC15この小型トラックは、ポルトガルの子会社で製造されたもので、フランスの遠隔地、ヨーロッパのいくつかの地域での運用を目的としています…

  • シトロエンCゼロ5

    新しいシトロエンエアクロスコンセプトカー

    フランスの自動車メーカーCitroenの新しいCitroenAircross Concept Carの代表者は、CitroenAircrossと呼ばれる新しいコンセプトSUVを発表しました。 車は…

  • シトロエンCゼロ6

    シトロエンアカディアン

    Citroen acadianeこの小型の商用左ハンドル車の生産は1977年に始まり、XNUMX年続きました。 重い荷物を運ぶように設計された機械、…

DID-GLOBAL 1

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

©著作権2018 Carscanners. All rights reserved.
エラー

このブログをお楽しみください? 言葉を広めてください:)