最高のカード診断ソリューション
  • 高速発送と
    配信
  • 最高品質
    標準と安全性
  • 100%満足
    保証された
  • 最高の価値
    あなたのお金
  • 素晴らしい顧客
    サービス

アクティブボディハイトコントロール(AHC)–パート1

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 1
1

キーワードなし

アクティブボディハイトコントロールシステム(ANS)を使用すると、速度と負荷に応じて、路面からの車体の高さを変更できます。 このシステムは、トヨタランドクルーザー100およびレクサスLX470で使用されました。 それは車の透過性、コーナリング時の安定性を高めます。これはロシアの道路を走行するときに必要です。 また、車への乗客の出入りが容易になり、車の負荷に関係なくクリアランスの量を節約できます。

身長制御システム(ANS)は特別な作動液を使用します

「アクティブサスペンション液AHC」。

アクティブな身長制御システムの主なモードは次のとおりです。

1) 強制的な 変化する ハイツ 場所 ボディワーク.

このシステムには、「LO」、「N」、「HI」のXNUMXつの動作モードがあります。

LOモード 車の荷物室に積み込むときに選択します。 この操作モードを選択すると、「N」モードでの車体の位置に対して、車体の前部が約50 mm下がり、後部が40 mm下がります。

Nモード 車の高さが対応する、良い道路を走行するときに使用することをお勧めします。

HIモード でこぼこ道を走行する際に使用し、水の障害を克服することが望ましい。

「HI」モードに切り替えると、車の前部が50 mm上がり、後部が40 mm上がります。

モード「LO」→「N」と「N」→「HI」の切り替えは、車両の負荷に応じて10〜15秒以内に行われます。 「HI」→「N」および「N」→「LO」の切り替えは、3〜8秒以内に発生します。

2) 自動的に 規制 ハイツ 場所 ボディワーク.

この機能により、乗客の数や車の負荷に関係なく、自動的に車体の高さを一定に保つことができます。

3) 自動的に コントロール ペンダント in 中毒 from スピード.

この機能は、車の速度に応じて車体の高さを自動的に変更し、最大限の安定性と乗客の快適性を確保します。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 2
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 3
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 4
車が5 km / hを超える速度で運転を開始すると、ANSシステムは通常モードに切り替わり、そのモードで修正されます(速度が低下すると、「LO」モードに戻りません) 車が時速30 kmを超える速度で走行を開始すると、ANSシステムは通常モードに切り替わります。 「N」モードは速度が低下しても変わりません 車が50 km / hを超える速度で運転を開始すると、システムは中間位置になります(車体の高さは「N」位置より25 mm高くなります)。 速度が20 km / hに低下すると、「N」モードが「HI」に変わります

* –トランスファーケースの「低」範囲で運転する場合。

トランスファーケースの「低」範囲で「HI」モードの悪路を走行中に車輪の30つがスリップすると、車のボディの高さは自動的に20 mm(前)とXNUMX mm(リア)。

5) 禁止 調整 ハイツ 場所 ボディワーク .

車をジャッキングするとき、またはけん引するときは、適切なスイッチを押して車体の高さを変更するためにシステムをオフにする必要があります。 車が「N」モードで80 km / hを超える速度で移動しているとき、または「HI」または「 LO」モード。

注目:総車両負荷が「N」モードで570 kgまたは他のモードで440 kgを超える場合、システムは路面に対する車体の高さを増加させない場合があります。

6)説明された動作モードに加えて、ANSシステムは、左右の車輪のショックアブソーバー間の油圧通信を提供し、カーブでの車両の安定性と制御性を向上させます。

基本的に、左右の車輪のショックアブソーバー間の油圧回路は開いています。 これにより、車輪が反対の位相で動き始めたときにサスペンションの滑らかさを増すことができます。これにより、曲がりくねった道路を走行するときにタイヤが路面でより良く牽引されます。 ステアリングホイールを回すと、油圧回路が閉じます。これにより、頻繁に曲がるときの車両ロールの増加が抑えられます。

AHCシステムコンポーネントとその目的

身長を変更するシステムは、このシステムのセンサーだけでなく、車軸差動ロックイネーブルセンサー、トランスファーケース「L4」イネーブルセンサー、ブレーキライトスイッチなど、他のシステムのセンサーからの信号によっても制御されます。 、ドアおよびドアエンドセンサー「L」ジェネレータ。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 5
コンポーネントの場所
AHCシステム。
1 –ポンプダンパー、
2 –診断コネクター、
3 –ポンプおよび液圧センサー、
4 –制御バルブブロック、
5 –右後部ドライブAHC、
6、8、9 –ドアリミットスイッチ、
7 –後部車体高制御センサー、
10 –左後部ドライブ、
11 –アキュムレーター、
12 –前輪駆動、
13 –ポンプリレー、
14 –前輪速度センサー、
15 –体の高さを制御するためのフロントセンサー、
16 –システムのメインリレー、
17 –電子制御ユニットAHC、
18 –デバイス(インジケーター)の組み合わせ、
19 –ハンドル位置センサー、
20 –ブレーキライトスイッチ、
21 – DLC3コネクタ、
22 –スイッチブロックシステムAHC。
成分 任命
AHCシステムモードインジケーター 身長制御システムの選択された動作モードを表示します。

各モードで、対応するインジケータが点灯します。 高さを変更すると、以前に選択したモードのインジケータが消灯し、設定モードのインジケータが点滅し始め、体の位置の高さに変化があることを示します(プロセスの最後にインジケータが点灯し始めます)点滅なし)。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 6
ANSインジケータ「オフ」 – ANS OFFスイッチを押すと点灯します。

–身長制御システムで異常が検出されると点滅します。

–診断コード出力

ANSシステムの動作モードスイッチ 身長制御システムの動作モードの選択
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 7
ANS OFFスイッチ 体の高さの変更を禁止します。

注目:高度禁止システムは、車両が「N」モードで80 km / hを超える速度で移動している場合、または「HI」または「 LO」モード。

車輪速度センサー 各車輪の速度が決定され、信号がANSコントロールユニットに送信されます(ABSコントロールユニットを介して)
身長センサー 体の高さを決定する
ハンドル位置センサー ステアリングの方向と角度を決定します
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 8
ANS電動ポンプ それは、体の高さを増加させるのに必要な作動流体圧力を作り出します。 含まれるもの:作動液リザーバー、ポンプ、チェックバルブ、圧力および温度センサー。
ポンプダンパー 容積1.96 cm 2のガスダンパー(3 MPa)は、電動ポンプによって圧送される作動流体の圧力脈動を低減するように設計されています
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 9
ANSシステムの油圧アキュムレーター 路面に対する身長の変化率を高めるために油圧を保存します
制御弁ブロック 車体の高さを調整する制御バルブと、左右の車輪のショックアブソーバー間の油圧回路を制御するバイパスバルブで構成されています
成分 任命
ANSシステムドライブ(ガス室) 従来のショックアブソーバーのガスチャンバー(追加のショックチャンバー)と同じ機能を実行します
ショックアブソーバー 伸縮式ショックアブソーバーは、従来のショックアブソーバーと同様に振動を減衰させるために使用されます。
アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 10
高圧ホース ANSシステムのドライブ(ガス室)とショックアブソーバーを接続する油圧回路として機能
ANSコントロールユニット システム全体を制御し、センサーおよびスイッチからの信号に基づいて、身体の高さを制御する計算を行います
制御リレー ANS MAINリレーはANSシステム要素に電力を供給し、ANS MOTORリレーはANS電動ポンプに接続します

身長センサー

このシステムにはXNUMXつのセンサーが含まれています。各車輪用のXNUMXつのフロントセンサーと、後車軸の上の横ビームの中央部にあるXNUMXつのリア。

センサーは、ベースプレートを形成する抵抗器に沿ってスライドするシャフトに接続されたブラシで構成されています。 センサーの出力の電圧は、センサーシャフトの回転角度に比例して変化します。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 11

ANS電動ポンプ

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 12

ANSシステムポンプには、作動液リザーバ、ポンプ、逆止弁、圧力および温度センサーが含まれています。

– DCモーターを備えたギアポンプ。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 13

このバルブは、コントロールバルブブロックと作動液リザーバーの間の油圧回路を開閉するために使用されます。 逆止弁は、電動ポンプによって生成された液体の高圧により閉じるように設計されています。

通常の状態では、スプリングが逆止弁を開いた状態に保ちます(図を参照)。 ANSシステムの電動ポンプが作動し始めると(車体を持ち上げるとき)、そこから出る作動液がバルブを押して左に移動します。 したがって、制御バルブブロックとタンクの間の回路が閉じられ、ポンプから出た液体が制御バルブブロックに移動し始めます。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 14

ANSシステムの油圧アキュムレーター

油圧アキュムレーターは、窒素(945 MPa)で満たされたシリンダー(容量3 cm 5.9)、フリーピストン、および電磁バルブで構成されています。

体を持ち上げるとき、アキュムレータは高圧下で貯蔵された流体を放棄し、体を持ち上げる速度をさらに増加させます。 通常の状態では、電磁弁は閉じたままです。 ボディの高さが増加し始めるか、メインアキュムレーター内の液体がなくなると、ANSコントロールユニットから受信した信号によってソレノイドバルブが開きます。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 15

制御弁ブロック

ユニットは、XNUMXつの制御バルブとXNUMXつのバイパスバルブで構成されています。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 16

–制御バルブは、ポンプから各ホイールにあるANSシステムドライブ(ガス室)に作動流体をバイパスします。 通常の状態では、バルブは閉じています。 ANSシステムの操作中、コントロールユニットからの信号でバルブが開きます。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 17

–バイパスバルブは、左右のショックアブソーバーの油圧回路を接続します。 通常の状態では、バルブはANSシステムの電子制御ユニットのコマンドでのみ開閉します。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 18

ANSシステムドライブ(ガス室)

ガス室は、膜タイプの空気圧油圧アキュムレータであり、400層のゴムポリマー膜と、窒素が充填された前輪と後輪のそれぞれに500および3 cm XNUMXの空洞があります。

キャビティ内のガス圧は、前輪駆動では2.26 MPa、後輪駆動では2.65 MPaです。

アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 19

ANSシステムがインストールされた車両の修理手順、診断、およびメンテナンスの説明については、次の書籍を参照してください。

関連ポスト

  • アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 20

    アクティブボディハイトコントロール(AHC)–パート2

    キーワードなしシステムの原理1.通常の状態、ストレートによるトラフィック。 ガス室とショックアブソーバーの高圧は…によってサポートされています

  • アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 21

    トヨタインライン燃料噴射制御システム

    キーワードなし電子ディーゼル制御システムにより、燃料消費と排気ガス(OG)による有毒成分の排出を削減し、改善することができます…

  • アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 22

    トヨタLCプラド120

    キーワードなしでトヨタランドクルーザープラド。 エアサスペンションコントロールシステムの説明多くのトヨタランドクルーザープラドモデルには、リアエアサスペンションがあります。 この…

  • アクティブボディハイトコントロール(AHC)-パート1 23

    ホンダオートマチックトランスミッション(MRPA)–油圧部品

    キーワードなしでホンダのMRPAギアボックスの物語を続ける。 記事の最後の部分では、油圧部品の装置について説明します…

ピックについて 1

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

©著作権2018 Carscanners. All rights reserved.
エラー

このブログをお楽しみください? 言葉を広めてください:)